オプション取引とは

ダブルトップ&ダブルボトム

ダブルトップ&ダブルボトム
5分足で生成されたダブルトップ部分を拡大したのが、下記の画像です。

【勝率64%】ダブルトップ/ダブルボトム手法の検証!チャートパターンは正義【動画付き】

トレード手法

「ダブルトップ」「ダブルボトム」

チャートパターン?
そんなので稼げたら苦労しないよ…

そんなことないよー

この検証結果を見ればわかる♪

ダブルトップ/ダブルボトムとは?

価格が上昇するのは「買い圧力が優勢」だからで、価格が下落するのは「売り圧力が優勢」だからです。 この買いと売りの勢力が切り替わるポイントでは 「2つの山の形」 が見られ、これを ダブルトップ と呼び ます。

手法の仮説をたてる

  • ダブルトップ発生でエントリー
  • 0.0%(高値更新)で損切
  • 85.4%で利益確定

リスクリワード比率は固定できないため単純計算はできませんが、「リスク:リターン=1:1以下」はトレードを見送ることを基本とし、「リスク:リターン=1:1.5」「勝率50%」と仮定しておきます。

「ダブルトップ/ボトム」手法を検証してみる

そのまま検証する

Forex Tester 4で、 EUR/USD における過去相場( 2015.4 ~ 2018.3 )を再現し、売買ルールの戦績がどうなのかを検証していきます。

改善してみる

【振り返り】
「待つも相場」であるためトレード機会が減ることは問題ではありません。しかし優位性のあるトレードも一緒に見送ってしまうのは、いかがなものかと…。
ダブルトップ/ボトムの定義を「同値での反発」と厳選しているため、「近似値」でもトレード可能とし、試行回数を増やすのも選択肢のひとつとして考えたいです。

ダブルボトムとは?チャートパターンを見極める方法と具体的に投資に活かすポイント

1、ダブルボトムとは?

この 高値のラインを「ネックライン」 と言います。

2、ダブルトップはダブルボトムの逆

3、トリプルボトム・トリプルトップとは?

(1)トリプルボトム・トリプルトップとは

しかし、 再びトライしてネックラインを超えた場合に完成するのが、トリプルボトム・トリプルトップ です。

(2)ヘッドアンドショルダー

このようにヘッドアンドショルダーが現れると、これまでのトレンドとは逆方向への値動きが加速しやすく、より 強いトレンド終了、転換のサイン とみることができます。

ダブルトップ・ダブルボトムになる理由を大衆心理で考える

ダブルトップが出現したドル円1時間足チャート

ダブルトップの値動きを解説したドル円5分足チャート

5分足で生成されたダブルトップ部分を拡大したのが、下記の画像です。

上記チャート左側の青い破線の枠をご覧下さい。

天井圏に近づくほど、高値を更新してきた買いの力が弱まっています。 ダブルトップ&ダブルボトム
それまで上ヒゲを順調に実体で更新していたのが、黄色ラインを引いた辺りから上昇圧力が怪しくなっています。

ダブルトップが形成される理由を大衆心理で分析

ダブルトップが形成される理由を大衆心理で解説

今回のダブルトップが形成された理由を大衆心理から分析したのが以下の画像です。

1番2番の売り勢力は個人投資家ではなく間違いなく大口ですが、彼らの目的は多くの人がダブルトップと認識できるチャートを作ること。
そこまで資金を投下してお膳立てすれば、後はネックラインで売ってくれる人が勝手に出てくるので、自動的に利益が伸びるという仕組みです。

騙しが入る場合も当然ありますが、勝率5割でも十分に利益を残すことができます。
その具体的な方法論は、以下のFXフレンズチャンネルで解説しているので参考にして下さい。

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも 億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し 、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

ダブルトップ/ボトム

CL1!: 頂上付近の「包み線」は基調転換のサイン

■基調転換のサイン WTI原油は、頂上付近で怪しい「包み線(抱き線)」が発生していました。 テクニカルアナリストの教科書には 「前日と当日の陰陽が反転しているところがポイントで、前日小動きだった後、反対方向に大きく動くことから、基調転換の兆しとされる」 「特に高値圏や安値圏に現れた場合には、天井打ちや底入れの可能性があるとして注目される」 とあります。 エリオット波動で考えると、WTI原油は第5波動が終わったところで「高値圏」と言っていいのでは。 そうなると、矢印の包み線はドンピシャリで【基調転換のサイン】と考えられます。 (しかもダブルトップ) ■東商原油は?.

GBPAUD: GBP/AUD ネックラインで戻り売りチャンスか? 11月19日

CXR宮本です。今日はポンド豪ドル(GBP/AUD)の相場分析をご紹介したいと思います。 ポンド豪ドルは今年1月初旬の下落を最後に日足、週足レベルで上昇トレンドが続いていました。 1.9100の節目での反発以降は、一度高値にトライするも更新できず下落、ネックライン下抜けで上昇トレンドは終了しました。 現在は日足では下降トレンドになっておりますが、反発し急騰、重要ライン周辺に位置しております。 日足下降平行チャネルの上限.

GC1!: CPIショック 早起きは●●文の得

いやはや、一昨日の米CPIには驚きましたね…。 前年同月比6.2%。 もちろんGOLDは爆騰がり。 いったんTGD(GOLD)は手仕舞っていましたが、22:30から「買」「買」「買」の連打。 ダブルトップ&ダブルボトム 過去の逆三尊に関する投稿で、 目標値は6746円。 目標値は6819円 と投稿しましたが、恐ろしいほどの精度で的中しましたね…。 ダブルトップ&ダブルボトム NY金(GC1!)のチャート15分足を見ると、さすがに上昇エネルギー使い果たして雲入りしはじめましたし、 「あまり欲深くいかず、6746円で半分、6819円でいったん利確しよう」 とも投稿していましたので、宣言通り利確しておきました。 過去の自分の傾向として、大儲けした後に大損する傾向があるので、世の中には相場なんてないかのごとく数日過ごそうと思います。

EURUSD: 【EURUSD】ユーロドル 日足 2つのラインの重要性

ユーロドルの日足をみていきます。 月足はトレンドレス 週足は下降トレンドとなっています。 よって大きな流れとしては下方向とみて良いでしょう。 それでは多面的に分析をしていきたいと思います。 ・移動平均線からの分析 200EMA 90EMA 75EMA 25EMA 5EMA ときれいなパーフェクトオーダーを描いています。 かつ、5EMAが25EMA 又は 75EMAに接近する度に下落している為、売り手動で相場は動いているものと考えられます。 よって、ショート(売り)と判断します。 ・ライン分析・価格帯別出来高からの分析 オレンジのラインで引いたように 2021年1月、2021年5月を高値 2021年3月末を安値(L1.

DXY: ドルインデックス-2021/10/22-

ドルインデックスの4時間足です。 細い赤の下降チャネルの上限にきていますが、 93.50でダブルボトムを刻んで上昇してきています。 ユーロドルやポンドドルも上昇の勢いがなくなってきてるので、 確かにドル高が来てもおかしくないかなと思います。 今までクロス円の上昇を引っ張ってきたのは、ドルストレートの通貨の上昇だったと思います。 ドル高が来るとなると、クロス円よりもドル円の方が割がいいかもしれないと考えています。 円については、円売りのスピードが速かったので、しばらく調整が入ってもおかしくないと思うので、 そう考えると、ユーロドルなどの通貨を狙ってもいいかもしれないですね。

AUDJPY: AUD/JPY ネックライン上抜けで中期上昇トレンド入りか 10月13日

CXR宮本です。今日は豪ドル円の相場分析をしたいと思います。 豪ドル円は長期で上目線の上昇トレンドを形成している中、85円の節目を超えることが出来ずに中期で下降トレンドが続いていました。 その後78円の節目の水平線で反発し、急上昇を見せましたが、売り圧力も非常に強く急下落、方向感の無い相場となっていました。 しかし円独歩安でネックラインを上抜けし、ダブルボトムを形成、絶賛急上昇中です。 岸田首相が金融所得課税見直しを議論しないとの発言で日経先物が上昇し円が一段安となったことで、多くのショートポジションが捕まり凄まじい急上昇を見せています。 日足ではダブルボトムのネックラインである82円を上抜けして上昇トレンド発生、上目線で見ています。 週足レベルでも上目線なので、当面は深い押しがあれば拾っていく買.

DXY: ドルインデックス-2021/10/11-

ドルインデックスの4時間足です。 白色と黄色のダブルトップが形成されている感じです。 いわゆる「フラクタル」です。 いったんドル安やってもおかしくないかなと思いますが、 大局は変わらずドル高で見ています。

BCHAIN/HRATE: ハッシュレート回復

6月末に一旦の底を打ったハッシュレートですが、大きく伸びてきました。 価格のほうは200MAを挟んだ攻防でレンジを形成していますが、 100MAに底を支えられてダブルボトムを形成し、もうひと上げ ありそうなチャート形状です。 レンジ(雲)ブレイクすれば一気に50000ドル突破もあり得るかも しれませんね。 ただ、今週は恒大・雇用統計・米債務上限問題(茶番とも言われていますが)と イベント盛りだくさんなのでボラティリティには注意です。

EURUSD: EUR/USD サポートライン割れで長期で反転か

ユーロドルはコロナショック時に乱高下を繰り返しながら三角持ち合いを形成した後、2021年の年明けまで強烈な上昇トレンドを形成しました。 その後、深い調整を経て再び上昇しましたが、高値更新は出来ず、以降上値が重たい中期の下降トレンドを形成しています。 そんな中、長期上昇トレンドの2回目の押し目である1.16周辺のサポートラインを下抜けました。 週足では、大きく綺麗なダブルトップに見えます。 細い水色の水平線がネックラインなのですが、8月中旬に一度下抜けしています。 しかし、結果的にはダマシだったようで、反転して上昇しました。 そのまま高値を試すのかと思われましたが、1.190周辺の水平線を超えられず、再び下落し今度はしっかりと下抜けをしました。 現在は1.160周辺のサポートラインでの攻防が行われています。 この水平線をしっ.

USDJPY: 【USDJPY|ドル円 1時間足】スイングトレード戦略

本日は引き続きドル円のスイングトレード1h足の戦略を考えていきます。 まずは環境認識として、上位足である4時間足は下げ継続しています。 そして取引足からみると下位足である15min足も下げ継続しています。 以上から下げが原則ということをまずお伝えしてきます。 かつ1h足に目を移すとダブルトップからのネックライン割れからの下げ継続。ただしL1とEMA200が近くにあります。 なので15minで上昇ダウ、移動平均線GCなどの根拠が確認出来た段階で200EMAからの反発も確認出来ると買いエントリーしても良いと考えます。 現状は積極的に仕掛けにいくのではなく、条件が揃うのを待つべきでしょうね。 本日は以上です。ありがとうございました。

DXY: ドルインデックス-2021/10/1-

ドルインデックスの4時間足です ネックラインを割り込んでダブルトップのような形状です。 いったんは下げそうですね。 93.70-80付近でどうなるかを見てみたいです

EURJPY: ユーロ円の打診売り

GMMAでは強いトレンドを示唆するものの、直近でよく効いているトレンドライン(2本)で時間調整によるダブルトップを形成。 →短期的に打診売り SL: 129.876 ・・・直近高値+1pip

EURGBP: ユーロポンド-2021/9/20-

ユーロポンドの4時間足です ダブルボトムの形状をしており、ネックラインを越えつつありますね。 しっかり超えてこれるか要チェックですね。

USDJPY: USD/JPY 1h long

狙いはlong 押し目買いを狙う 三角持ち合いのレジスタンスラインに近づいたら利確 直近高値を作った安値を割ったら損切 逆三尊形成後に遅れて乗るので逃げる判断は早めにしたい

EURJPY: ユーロ円ひゃ〜

ユーロ円FR0.382で反発 ダブルトップ&ダブルボトム ダブルとトップのネックライン(130.3辺り)に2度目の挑戦。 超えていくとダブルボトム形成して上目線 反発すると日足下降チャネルも意識できる面白い位置

EURJPY: ユーロ円ひゃ〜

ユーロ円FR0.382で反発 ダブルトップのネックライン(130.3辺り)に2度目の挑戦。 超えていくとダブルボトム形成して上目線 反発すると日足下降チャネルが意識されている 面白い位置

EURUSD: 【ユーロドル】ネックラインに注目しよう!1.16850のブレイクアウトを狙う【週間分析】

皆様、こんにちは。 今週からEURUSD(ユーロドル)の相場分析レポートも同時配信することにしました。欧州系のファンダメンタルや時事ニュース、そして、ユーロドルの相場分析をお届けしたいと思います。 こちらの分析レポートは週1回の配信を予定しています。トレード方針は2~3日間のスイングトレードをイメージします。 さて、ユーロドルは1.16850付近で推移しています。アフガニスタンの混乱によって、難民発生の危機が生じています。過去にも欧州に難民が押し寄せ、大混乱になった経験があることから各国も警戒モードです。 ファンダメンタル的には、大きな懸念材料の1つでしょう。 今週の予想レンジ:1.15150~1.18220 トレード方針:ネックラインのブレイクアウト狙い(売り) .

EURUSD: 【EURUSD】ユーロドル 日足 下降トレンド継続の可能性高し

6月28日に投稿したアイデアの続きです。 (6/28アイデアは「関連するアイデア」の載せておきます。 ・ダウ理論から分析 5月下旬を起点として下げ継続。 本日、大きな陽線出るも2営業日前の上ヒゲ陰線の高値を越えきれていません。 ・移動平均線から分析 全てのEMAの傾きが下方向となっていることは注目しておくべきでしょう。 かつ、長期トレンドを測る上で大切な200EMAも下向きが明確化してきました。 よって移動平均線からは下げ継続。 ・価格別出来高分析・ライン分析.

ダブルトップ ダブルボトムの基本と傾向【FXテクニカル分析】

ライントレード

トレンドパターンの基本は「ライントレード」です。
ダブルトップ、ダブルボトムの基本と傾向を覚え、テクニカル分析に活かしましょう。

ダブルトップ、ダブルボトムとは?

FXライントレードのトレード手法として、よく知られているのが、
「ダブルトップ」と「ダブルボトム」です。

ダブルトップ、ダブルボトム

「ダブルトップ」とは、山が2つ出来た状態のことを言います。
「ダブルボトム」はその逆で、谷が2つ出来た状態のことです。

ダブルトップ、ダブルボトムは、市場価格の波でできた「トレンドパターン」です。

ダブルトップ、ダブルボトムの基本と傾向

ダブルトップ、ダブルボトム

ダブルトップ、ダブルボトムは共に「トレンド転換のサイン」です。

こうなれば、再び上昇トレンドとなりそうですが、
①の高値を越えずに反転し、③で下降しています。
(もちろん高値を越えて反転しても、ダブルトップです)

③で下降に転じ、④で②のネックラインを越えたことにより、
ダブルトップが完成し、トレンドが転換しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる