初心者に最適なトレーディングプラットフォーム 2022

移動平均線の定義

移動平均線の定義
上記をまとめると、長期の移動平均線の役割は以下の通りです。

長期の移動平均線は、長期投資を考えている方にとって、非常に心強いテクニカル指標です。
長期の移動平均線を活用して、気になっている銘柄の長期のトレンドをしっかり把握してみてください。

移動平均線とその見方を学ぼう!

money

売りトレンド傾向がある移動平均線

売りトレンド傾向がある移動平均線

移動平均線とローソク足の上下の位置関係が変わっております。
上下が変わるという事はつまり、平均値よりもレートが値上がりした瞬間を
意味しており、売りから買いに、トレンドが変わる可能性があります。

移動平均線がローソク足の下位置にある場合

移動平均線がローソク足の下の位置にあるという事は、
レートが平均値よりも高値で取引されている事を意味しており、 移動平均線の定義
買いが多く、レートが値上がり傾向にあるといえます。

売りトレンド傾向がある移動平均線

買いトレンド傾向がある移動平均線

重要点:移動平均線をまたぐ時はトレンドのサイン
下から上へ・上から下へとまたぐ場合は新しいトレンドが起きやすい
という事を覚えておきましょう。

移動平均線とローソク足が離れすぎている場合の傾向

売りトレンド傾向がある移動平均線

参考図

上の参考図は、
「大きな値上がりが発生し、一時は移動平均線と離れてしまったが、
移動平均線に近づこうとする動きにより、値下がりの動きになり、
移動平均線との距離が落ち着いた」
という想定の図です。

もちろん、この逆でレートが移動平均線よりも下に離れる(平均よりも安値になっている)
パターンもあり、その場合は移動平均線と離れた所で買いポジションも持ち、
移動平均線に近づいたら決済する事で利益を発生させられます。

ゴールデンクロスとデットクロス

移動平均線は短期と長期では割る数が違うので、動きが違います。 移動平均線の定義
短期の移動平均線はここ最近の値動きに影響されますので、動きが激しく、
長期の方は長い期間での値動きから計算されるので、短期に比べて動きは緩やかです。

ゴールデンクロスは買いのシグナル

デッドクロスは売りのシグナル

売りトレンド傾向がある移動平均線

・時間単位が長い方が信頼性は高いが・・
ゴールデンクロス・デットクロス共に、
分足などの時間単位が短いローソク足チャートよりは、数時間や日足などの時間単位が
長いローソク足チャートに発生した時の方が信頼性は上がります。

時間単位が長いという事は、平均が出るまでの時間もかかっている
という事を意味しており、ゴールデンクロスやデットクロスが発生したと
気付いた段階で既に値動きが落ちついており、次のトレンドに移っているという事も有り得ます。

また、ゴールデンクロス・デットクロスや移動平均線だけでなく、 移動平均線の定義
これから紹介するテクニカル分析も含め、あくまでも傾向や分析の手段であり、
必ずしもそうなるとは限らない事を肝に銘じておく必要があります。

Chapter 1 チャート読解の基礎知識

下図は日足のローソク足チャートです。その日、売ろうか買おうかを判断する時には、一般的に日足を使うとわかりやすいといわれています。
ローソク足の形は、一定期間の「始値(はじめね)」、「高値(たかね)」、「安値(やすね)」、「終値(おわりね)」の4つの値段をもとにつくられます。
始値より終値が高く終わった時は「白抜き」で描き、始値より終値が安く終わった時は「黒塗り」で描きます。そこに「ヒゲ」と呼ばれる、その期間(日、週、月など)の高値と安値の線を引いて、ローソク足の完成です。

ローソク足チャート イメージ

陽線 陰線 イメージ

移動平均線

移動平均線 イメージ

株価の 上昇基調、下落基調 を読み取る

ゴールデンクロス・デッドクロス

株価の基調を読み取るために、多くの投資家が参考にするのが、ゴールデンクロスとデッドクロスです。
ゴールデンクロスとは、13週移動平均線が26週移動平均線を下から上に突き抜けた時の交差を表し、一般的に株価が上昇基調に入ったシグナルといわれています。
反対に、デッドクロスとは、13週移動平均線が26週移動平均線を上から下に突き抜けた時の交差を表し、一般的に株価が下落基調に入ったシグナルといわれています。

ゴールデンクロス デッドクロス イメージ

例えば 下図 右図 では、赤と青の移動平均線をそれぞれ、13週移動平均線と26週移動平均線と見立てて見てみましょう。すると、Aのポイントで、一般的に株価は上昇基調に入ったと考えることができます。逆に、Bのポイントでは、一般的に株価は下落基調に入ったと考えることができます。
なお、13週や26週移動平均線よりも短い期間の移動平均線で起こるゴールデンクロスとデッドクロスをそれぞれミニゴールデンクロス、ミニデッドクロスといいます。

ゴールデンクロス デッドクロス表 イメージ

上記の例の2つのポイントをよく見てください。実はゴールデンクロスは、最も安くなっている時ではなく、その後、少し上がってから現れています。同じようにデッドクロスも、少し下がってから現れています。
これは、移動平均線は過去のデータの平均であるため、実際の株価の動きよりも遅れて動きが現れるからです。
また、移動平均線は1日の終値で計算しますので、クロスした翌営業日以降でないと売買の注文を出すことができません。ここでも、投資家は少し出遅れてしまうことになります。

Point 安い時に買いたい、高い時に売りたいというのが投資家の心理。
そんな時に役立てたいチャートが、次でご紹介するMACDです。

より新しい トレンドを読み取る

MACDとは移動平均・収束・拡散手法(Moving Average Convergence Divergence)の略称で、マックディーと読みます。
売られすぎ・買われすぎのタイミングを判断するための指標で、一般的に、相場の転換点を知るのに有用な手法とされます。株価の動きが横ばいや、短期間に乱高下する場合、MACDではトレンドを把握できない弱点があります。

移動平均線の定義

以下の例では、9日間の移動平均線を詳しく見てみましょう。

短期移動平均と長期移動平均

トレーダーは、トレンドをより正確に予測するために、少なくとも2つの異なる期間の移動平均を参照します。例えば、 12日間26日間 などの 短期間移動平均長期移動平均 の両方を見比べて市場の予測をします。下の画像では、短期移動平均線(12日移動平均)が長期移動平均線(26日移動平均)に比べて、価格変動に急速に反応していることが分かります。長期移動平均は、より長期にわたって平均値を計算するので長期的な市場動向を分析するにはより信頼性があると考えられています。

移動平均線を使用した売買サイン

ここまで、短期移動平均および長期移動平均について理解しました。次に、売買に最適な時期を予測するために、移動平均線を使用する方法を学びましょう。それでは、ゴールデンクロスデッドクロスの売買サインについて勉強していきます!

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスは、ある金融証券の上向きの短期移動平均線と長期移動平均線が上向きの時に交差した点を指します。ここが、通常買いサインと考えられ、価格が上昇し、上昇相場となる可能性が高いことを示します。

デッドクロス

デッドクロスは、ある金融証券の短期移動平均線と長期移動平均線が下向きの時に交差する点を指します。これは、通常売りサインと見なされ、価格が下落し、弱気市場となる可能性が高いことを示します。

テクニカル分析が完璧とは言えないので、投資家として価格の動きを予想するために一つのテクニカル指標のみに依存するべきではありません。ゴールデンクロスデッドクロスが形成された場合でも、常に売買に最適な時期とは限りません。これらはあくまで市場を予測するためのツールの一つにしか過ぎません。市場価格はニュースの報道や中央政府の発表などによって大きな 影響を受けやすいので、これらも踏まえて全体像もしっかりと把握し、ファンダメンタル要因を理解することが大切です。

指数平滑移動平均線(EMA)とは?

5日間のデータが、
だったとき、昨日の平均値は、

昨日のSMA=(2,000円+2,000円+2,000円+1,800円+2,200円)÷5
=10,000円÷5= 2,000円

となります。そして本日の終値は2,100円でしたから、改めて計算し直してみると、

本日のSMA=(2,100円+2,000円+2,000円+2,000円+1,800円)÷5
=9,900円÷5= 1,980円

昨日までの平均値2,000円よりも本日の終値2,100円の方が高いにも関わらず、今日の平均値は下降しています!

本日の移動平均値を求めるとき、本日の終値である2,100円を計算に入れるために、この計算式で一番古いデータである5日前の終値は計算から外されてしまっています。
5日前の終値は2,移動平均線の定義 200円。これは本日の終値よりも100円高いのです。

つまり、平均値が上がるか下がるかは 消えていく価格と本日の価格を比較してどちらが高いか安いか で決まります。

これが、チャート分析をする上でダマシにつながってしまうのです。

次に、100日SMAを例に考えてみましょう。
100日SMAでは、100日前の価格と昨日の価格を同じ重要度とみなして算出しています。
しかし本日の価格に与える影響は、昨日の価格の方が100日前の価格よりも圧倒的に大きいはずですよね。それをどの価格も一律に足して割って平均値を出してしまう所にSMAの問題点があるのです。

SMAのこういった問題点を改善して作られたのがEMAです。
EMAでは、昨日までの平均値よりも本日の価格が高いときには必ず本日の平均値が上昇するようにできています。その逆に本日の価格の方が昨日までの平均値よりも安ければ本日の平均値は必ず下落します。
これは、EMAが 直近のデータに比重を置き、求める期間よりも前の平均値も切り捨てることなく計算に加味しているため です。

EMAの計算式

ここで、EMAの計算式を見てみましょう。

EMAでは、それぞれの終値の代わりに 昨日のEMAを使用 します。そして、 本日の価格は比重を重くする為に2倍 します!ここがミソ!

5日EMAを求める場合は昨日のEMAに、求める移動平均線の日数から1を引いた4をかけ、最新の価格を2倍。
昨日までの実際の数値の代わりに昨日のEMAを使うことで、切り捨てるデータが無くなります。そして、最新の価格を2倍したことにより分子のデータが1つ増えているので、 分母にも1を足します

100日EMAを求めるとき、昨日のEMAが仮に1,000円、本日の価格が1,100円だとすると、
昨日までの99個のデータの代わりに昨日のEMAを使うので
1,000円×99=99,000円・・・①
本日の価格を2倍するので、
1,100円×2=2200円・・・②
①+②=101,200円・・・③

SMAとEMAの違い

EMAの方がSMAよりも 底と天井が早く出現 しています。これにより 売買サインが一足早く出る ことにつながります。
そして、過去の値動きを切り捨てることなく、かつ直近の価格に比重を置いて算出しているため、価格の底・天井と移動平均線の底・天井を比べてみても、 SMAよりEMAの方が実際の値動きに忠実 であることがわかります。

EMAは市場で求められている平均値に近い!

移動平均線大循環分析では、移動平均線は「過去N日間の買い方と売り方の平均買値と売値を算出し現在の価格と比較していると」解説しました。それは、ある程度利益を出しているトレーダーは利益確定を、損ならばロスカットを検討するだろうなどと、次に市場に出てくる売買の予測を立てるためです。

ただしそれは、過去に出された注文が決済されずに市場に残っている場合のみ有効です。もう決済されたポジションについてはアクションの起こしようがなく価格変動に影響を与えないため、分析しても意味がないですからね。

ということは100日前にエントリーした投資家の投資行動よりも直近にエントリーした投資家の起こす投資行動の方が価格変動に影響を与えるということです。

SMAは全てのデータを同じ比重で計算しますが、EMAは直近のデータに比重を置いているので、 EMAの方が市場に今残っている注文の平均値に近い 移動平均線の定義 ということが分かります。

こちらは10日移動平均を例に挙げたそれぞれの数値の比重のイメージです。

移動平均線の最適な期間と設定方法

移動平均線の最適な期間と設定方法

上記をまとめると、短期の移動平均線の役割は以下の通りです。

短期の移動平均線は、トレードを行う上で、非常に重要であり、これを使わずにトレードすることは不可能と言っても過言ではありません。

②長期の移動平均線の役割

重要なのは、どの程度の期間なのかという点です75日移動平均線や13週移動平均線は、「約3ヶ月」の期間の株価の傾向を把握するために用います。

そして、150日移動平均線や26週移動平均線は「約6ヶ月」、250日移動平均は「約1年」、60ヶ月移動平均線は「約5年」、120ヶ月移動平均線は「約10年」の期間の傾向を確認できます。

[日経平均株価]1997年2月~1999年2月までのチャート

ピンクの線 は、「250日移動平均線」です。
約1年間のトレンドを把握する目的の移動平均線です。

長期の移動平均線は、非常に強いトレンドを示唆しており、長期の移動平均線が 下向き ならば 強い 下落トレンド上向き ならば 強い上昇トレンド であることを表します。
このトレンドが転換するには、何かしらの材料がない限りは難しく、一度ついたトレンドは、長く続く傾向が強いです。

長期の移動平均線が下値支持線となり、現在の株価が下値支持線に近づくと、それが絶好の買いのチャンスと判断され、反発する期待が持てます。

強いトレンドの方向性を示唆しており、仮に現在の株価が上値抵抗線を突破した (ゴールデンクロス) 場合には、長らく続いた下落トレンドが終わり、 長い上昇トレンドに転換した可能性 が高いです。

一方で、現在の株価が下値支持線を突破した (デットクロス) 場合には、長らく続いた上昇トレンドが終わり、 長い下落トレンドに転換した可能性 が高いです。

以上が、「②長期の移動平均線の役割」です。

上記をまとめると、長期の移動平均線の役割は以下の通りです。

長期の移動平均線は、長期投資を考えている方にとって、非常に心強いテクニカル指標です。
長期の移動平均線を活用して、気になっている銘柄の長期のトレンドをしっかり把握してみてください。

これで、「短期の移動平均線」「長期の移動平均線」の役割の確認は完了です。

3.移動平均を活用した投資戦略

今回ご紹介する移動平均線を活用した戦略は、以下の2つです。

投資家の間で、投資のチャンスと言われている「 ゴールデンクロス 」「 デットクロス 」について、過去20年過分の株価データを活用して、分析してみました。

「ゴールデンクロス」とは、短期の移動平均線や現在の株価が、長期の移動平均線を上抜くことを言います。

これと対をなすのが「デットクロス」です。
「デッドクロス」とは、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下抜くことを言います。

一般的に、ゴールデンクロスは 絶好の買いタイミングデットクロスは 絶好の売りタイミング と言われています。

「 ゴールデンクロス 」した銘柄を買い付け、「 デットクロス 」したタイミングで手仕舞いした場合

「 デットクロス 」した銘柄を空売りし、「 ゴールデンクロス 」したタイミングで手仕舞いした場合

①ゴールデンクロス戦略の有効性

ⅰ.ルール詳細(ゴールデンクロス戦略の有効性)

検証対象:全銘柄
検証期間:2000/01/01~2020/11/30

【買い条件】
5日移動平均線が25日移動平均線を上抜いた銘柄を、翌日成行買い

【売り条件】
5日移動平均線が25日移動平均線を下抜いた、翌日に成行売り(手仕舞い)

ⅱ.分析結果(ゴールデンクロス戦略の有効性)

勝率: 35.23 %
勝ち数: 157,056 回
負け数: 288,726 回
引き分け数: 13,189 回

平均損益(円): 1,947 円 平均損益(率): 0.97 %
平均利益(円): 24,826 円 平均利益(率): 12.41 移動平均線の定義 %
平均損失(円): -10,409 円 平均損失(率): -5.20 %

合計損益(円): 893,645,505 円 合計損益(率): 446,790.92 %
合計利益(円): 3,898,995,688 円 合計利益(率): 1,949,535.36 移動平均線の定義 %
合計損失(円): -3,005,350,183 円 合計損失(率): -1,502,移動平均線の定義 744.44 %

PF: 1.297
平均保持日数: 30.80 日

検証結果を見てみると、勝率は 35.23%平均損益は 移動平均線の定義 0.97% です。

平均損益がプラスで、合計損益もプラスとなっていることから、統計的に有効な投資法と言えそうです。
少し、勝率が低いことから、トレードに抵抗を感じるかもしれませんが、十分に通用する戦略と言えそうです。

②デットクロス戦略の有効性

ⅰ.ルール詳細(デットクロス戦略の有効性)

検証対象:全銘柄
検証期間:2000/01/01~2020/11/30

【空売り条件】
5日移動平均線が25日移動平均線を下抜いた銘柄を、翌日成行で空売り

【買い条件】
5日移動平均線が25日移動平均線を上抜いた、翌日に成行買い(手仕舞い)

ⅱ.分析結果(デットクロス戦略の有効性)

勝率: 35.85 % 移動平均線の定義
勝ち数: 160,299 回
負け数: 286,779 回
引き分け数: 12,920 回

平均損益(円): -1,103 円 平均損益(率): -0.55 %
平均利益(円): 17,690 円 平均利益(率): 8.85 %
平均損失(円): -11,658 円 平均損失(率): -5.83 %

合計損益(円): -507,532,749 移動平均線の定義合計損益(率): -253,796.43 %
合計利益(円): 2,835,648,636 移動平均線の定義 円 合計利益(率): 1,417,862.80 %
合計損失(円): -3,343,181,385 円 合計損失(率): -1,671,移動平均線の定義 659.22 %

PF: 0.848
平均保持日数: 30.93 日

以上が、分析結果です。
検証結果を見てみると、勝率は 35.85%平均損益は -0.55% です。

勝率が低く、平均損益も大きな マイナス です。

その結果、合計損益もマイナスとなっていることから、統計的に有効な投資法と言えないでしょう。

また、今回の分析結果から、「 ゴールデンクロス 」したタイミングは、 買いのチャンス であることも分かりました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる