ポジション取引戦略

証券フロントソリューション

証券フロントソリューション

証券フロントソリューション

金融系ソリューション 図3

営業支援、およびフロント業務への対応

インターネット上のデータ集積と分析を行う自社エンジンを利用した医療総合データベース「Trovo-Medical」と企業情報データベース「Trovo」は、高精度で有益な情報を提供し、さまざまな営業支援を実現します。
各社員が個別に管理していた取引先の組織情報や取引先キーマンの交友情報を企業として集約して保持、整理することで集合知として営業に活用することができる組織図管理システム「TREE」、家系図管理システム「Family Tree」も、営業支援のソリューションです。
「AgriPro」と「花き販売・栽培管理システム」を使えば、動産(牛)や花きの管理を、取引先の農家の方々が適切に実施できるようになります。これらは、銀行から融資を実行する際、判断のための最適な情報を提供します。
また「証券ツール」を使えば、当社株主である野村総合研究所(NRI)が開発した証券会社向けバックオフィスシステム「The STAR」の情報を参照することができます。それにおり、コンプライアンスを遵守したうえで、効率的な金融取引業務を行うことができます。

経営管理、およびバックオフィス業務への対応

バックオフィス業務をオールインワンパッケージで提供することにより、経営状況の可視化や高度化に貢献します。
投資予算管理システム「Preco」:年度計画の策定を効率的に行うことができ。予算の集計や管理を効率化できるとともに、案件ごとの意思決定履歴を記録・保持できます。
電子稟議システム「RoutE」:稟議や決済をペーパーレス化することで、迅速かつ柔軟な意思決定を可能とします。
支払管理システム「PayCi」:投資における支払いを正確に管理します。初期費用に加え、ランニングコストまで幅広く管理することができます。
働き方改善ソリューション「MeeCap」:社員のパソコン操作から、システム使用履歴や労務実態を正確に把握できます。働き方の改善効果を定量的に測定可能です。
監査システム「Auditor」:監査計画の策定から監査後のフォローまで、一気通貫でシステム化します。
これら以外にも、バックオフィス業務を支援するため、秘書業務を高いレベルで効率化する秘書業務支援システム「Radish」や、社内の総務業務を効率化する「総務支援システム」、給与明細を電子化して給与明細の印刷や郵送のコストを削減する「給与便」を提供しています。

証券会社向けシステム SERVICE

長年培ってきた実績と経験を基に、 独自の製品・サービスをお届けしています。

刻々と変化する証券市場で、フロント・ミドル・バックのあらゆる業務を
カバーするトータルソリューションを提供しています。

  • インターネットトレードシステム
  • 株式トレーディングシステム
  • コンプライアンスシステム
  • 顧客情報管理システム
  • アルゴリズムトレードシステム
  • 証券仲介業システム
  • 証券バックオフィスシステム
  • 債券トレーディングシステム
  • リスク管理システム
  • デリバティブ総合システム

総合証券システム

変化の速い証券ビジネスを強力サポート

変化の速い証券ビジネスを強力サポート

証券業務処理アプリケーションから、「顧客チャネルサービス」と「対外機関接続」にかかる部分を切り離すことで、業務プロセスの変化、顧客サービスの変化、対外接続インフラの変化に強い構成としています。
証券業務処理自体も、商品別かつ機能別(取引機能と決済機能等)に切り離し、コンポーネント化していくことで、システムの追加・変更に強い仕組みとしています。
対外接続機関として、インターネット上でコンシューマ向けサービスを提供するFintech企業やSNS企業とも積極的に連携することで、個人投資家への直接的なアプローチを可能とする仕組みを整備しています。
このようにして、変化の速い証券ビジネスを、総合証券システムが強力にサポートします。

PAGE TOP

Copyright © Nikko Systems Solutions, Ltd. All Right Reserved.

証券総合システム「SENS21」

証券総合システム「SENS21」

②銀行自動引き落としによる入金機能
「SENS21」から銀行への振替指示、集金代行会社から「SENS21」への入金処理を行います。 証券フロントソリューション
※定時定額買付は煩雑な入金処理をなくすため、基本的には集金代行会社からの入金を想定しております。
※集金代行会社から入金された資金は、分別管理され、累積投資での買い付けでのみ使用します。
※集金代行会社の選定、契約手続きおよび発生する費用等は、証券会社様のご負担となります。

③再投資機能について
分配金の再投資が可能となります。

④つみたてNISA制度対応
金融庁選定の対象商品の区分け、非課税余裕枠の管理等を行います。
非課税口座預りに対する分配金は非課税となり、「再投資」または「預り金」での受取が可能となります。
※再投資は、すべて課税(原則、特定)口座での買付となります。

運用フローについて

STEP1 NISA口座開設~つみたて情報の登録~銀行振替依頼

STEP1

STEP2 銀行自動入金~注文データ作成~注文処理

STEP2

※1 1ヶ月に1回(決められた日に)集金代行会社から入金データをダウンロードし、「SENS21」の預り金を更新する
※2 注文処理預り金および定時定額設定情報を基に日々注文データを作成する(基本翌月から購入可能となる)

証券フロントソリューション

銀行、証券、生命保険、損害保険など、さまざまな金融分野、
さまざまな業務領域のシステム開発に参画し、多くの知識、経験、ノウハウを蓄積してきました。
中でも、ネットバンキングや顧客向け情報提供サービスなどのフロント系金融サービスの開発に注力してきました。
金融分野のシステム開発は、創業以来陣容の強化・拡充を続け、
現在では当社のシステム受託開発サービス売上の過半を占める最重要事業分野に成長しています。

主な参画実績

  • 顧客向け情報提供サービスシステム
  • 海外送金システム
  • マネーロンダリングシステム
  • 宝くじインターネット販売システム
  • 顧客情報システム
  • 国際勘定系システム
  • ALMシステム
  • 金融庁報告システム
  • 米国証券取引委員会報告システム
  • グローバルオペレーション支援システム
  • ネットバンキングシステム

  • 銀行向け窓口販売システム
  • 証券業務バックオフィスシステム
  • 米国証券取引委員会報告システム
  • FX証券システム
  • 投資信託システムNISA対応
  • 資産運用系システム
  • 債権フロントシステム

  • 契約管理システム
  • 再保険システム
  • 販売員フロントシステム
  • 銀行窓口販売システム
  • 銀行窓口販売eラーニングシステム
  • 債権フロントシステム

今後の取り組み

フィンテック(Financial Technology)という言葉に代表されるように、先端テクノロジーを先導している金融業界では、先端テクノロジーを活用した最新のサービスを利用者に提供しようという動きや、ビッグデータを活用することによって業務の効率化を進める動きも活発になっています。
当社は、従来から手がけている業務分野に加えて、金融工学、数学、統計学などの専門知識を有するスペシャリストやデータサイエンティストを積極的に採用し、高度な専門性を求められるフィンテック分野のシステム開発にも積極的に取り組み、金融分野における当社の強みをさらに強化してまいります。

ODIN ODIN とは

証券業務システム

証券業務に求められる機能を提供。
最新の業務ニーズにスムーズに対応します。

ODINイメージ1

「フロントオフィス」から「バックオフィス」まで あらゆる機能を網羅

ODINイメージ2

各機能をセレクトして使用できるため業務に合わせた運用が可能

ODINイメージ3

親しみやすいWebアプリケーションのため特別な知識も不要

金融ビッグバンといわれる、1990年代後半の金融システム改革以降、証券会社を取り巻く環境は大きく変化しています。顧客ニーズの多様化、法令や諸制度の改正、グローバル化による海外動向の影響など、こうした変化にスピーディーに対応していくことが、これからの証券会社の勝ち残りを左右するともいえます。
ODIN はSTP(全電子処理)化の流れを強力に推進し、リアルタイム処理能力の強化、ペーパーレス化、キャッシュレス化による管理効率向上を可能にするアウトソーシングサービスとして、総合証券会社の多様な取引形態に対応。口座開設や注文・決済といった「フロントサービス」から、顧客管理、税務、コンプライアンス管理といった「バックオフィス機能」、業務日誌などの「営業支援機能」まで、多彩な機能から必要なものを選んで利用することができるため、それぞれのニーズに合わせた業務効率化が可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる