初心者向けFXトレード

さまざまな投資情報

さまざまな投資情報
【DTSのDX・データ活用ソリューションのイメージ】

【DTS】デジタル時代を加速させるデータ活用ソリューションを本格始動
第1弾、スノーフレイクとの提携によるデータ活用プラットフォームの実現

株式会社DTS(東京都中央区、代表取締役社長 北村 友朗)は、2022年5月より、データ活用に特化したソリューションの販売・コンサルティング・構築・運用の提供を本格的に開始します。
第1弾として、データクラウド「Snowflake(スノーフレイク)」を提供する米国スノーフレイクよりSELECT(セレクト)パートナー認定を受け、同製品の販売を開始します。Snowflakeは、データ活用で課題となるデータ量の増大に伴う性能悪化や手間のかかる拡張・保守・運用などに対し、革新的なアーキテクチャーでこれを解決。また、外部とのデータ共有をセキュアに行うプラットフォームとしてデータ活用の可能性を更に高いレベルに引き上げ、お客様のDXを強力に推進することを可能とします。
DTSはこうしたデータ活用プラットフォームを中心に、これまで培った業務ノウハウを活かし企業のデータを効果的に活用するための業務アプリケーションとデータ分析を掛け合わせた「DX・データ活用ソリューション」のラインナップを順次拡大し、お客様のバリューチェーン全体のDX実現に向けてコンサルから構築・運用までワンストップで支援してまいります。

DTS_HP_20220527_image_01.png

【DTSのDX・データ活用ソリューションのイメージ】

【DTSのDX・データ活用の取り組みについて】

DTSグループは金融や通信・製造業を中心にさまざまな業種・業界においてお客様のニーズに即したシステム構築に携わってきました。とりわけデータ活用領域では国産Web型ビジネスインテリジェンス(BI)ツールの草分け的存在である「[email protected]」を自社開発・販売し、約20年間のデータ活用実績・ノウハウを有しています。また近年ではIoTプラットフォーム「Pasteriot(パステリオ)」、AIデータ分析プラットフォーム「DAVinCI LABS(ダヴィンチ・ラボ)」などの販売を開始し、IoTやAIといったDXニーズへの対応を強化してきました。
社会のデジタル化とクラウド移行(クラウドリフト)に伴い、クラウド型データ活用プラットフォーム「Snowflake」をラインナップに加え、今後新たなソリューションを順次加えながら、DXの要であるデータ活用を起点としたコンサルテーションからシステム構築、保守・運用までをワンストップで提供することで、企業におけるDX推進を強力にサポートしていきます。
https://dts-bigdata.jp/service/snowflake.html

【DTSが目指すDX社会の実現に向けて】

DTSグループは金融・通信・公共・流通・製造など業種・業界に合わせたデータ活用ソリューションを順次提供していくことを通じて、時代と共に移り変わるデータ活用の真の価値を追求し具体的な形にして、お客様にお届けしていきます。「活かし方はお客様次第」というITツールベンダーのマインドから脱却し、「お客様にとっての価値=社会にとっての価値」ととらえ、社会発展に寄与する価値のあるソリューションを展開します。
第1弾「Snowflake」に続く第2弾は、DTSが2018年から開始した製造業向けトータルソリューション「DTS Connected Industries」の刷新を行い、業界に特化したデータ活用ソリューションを随時展開していきます。

【スノーフレイクについて】

スノーフレイクは、Snowflakeのデータクラウドによってあらゆる組織が自らのデータを活用できるようにします。顧客企業はデータクラウドを利用してサイロ化されたデータを統合し、データを検索して安全に共有しながら、さまざまな分析ワークロードを実行しています。データやユーザーがどこに存在するかに関係なく、Snowflakeは複数のクラウドと地域にまたがり単一のデータ体験を提供します。多くの業界から何千ものお客様(2022年1月31日時点で、2021年のFortune 500社のうち241社、2021年のForbes Global 2000 (G2K)のうち488社を含む)が、Snowflakeデータクラウドを全社で幅広いビジネスに活用しています。詳しくは、snowflake.com をご覧ください。

【スノーフレイクからのエンドースメント】

Snowflake株式会社
社長執行役員
東條英俊

【DTSグループについて】

DTSグループは金融や通信をはじめ、幅広い業種・業態のお客様にコンサルティングから設計、開発、基盤構築、運用までITシステムに関わるさまざまなサービスを提供しています。
本社所在地:〒104-0032 東京都中央区八丁堀 2-23-1 エンパイヤビル
https://www.dts.co.jp/

<本件に関する問い合わせ先>
デジタルインテグレーション事業部 担当:大田尾、伊東
TEL:03-6914-5569 E-mail: solution@dts.さまざまな投資情報 co.jp

<報道機関からの問い合わせ>
広報部 担当:熊田 新貝
TEL:03-6914-5463 E-mail: press@dts.co.jp

【土曜日開催】在宅用ワークチェア検討中の方に朗報!イトーキチェア展示会を開催します
人気のバーテブラ03やアクトチェアそしてサリダチェアなど、さまざまなタイプのチェアに試座いただけます。

サリダCMチェア

在宅勤務やテレワーク等が浸透してきた昨今、自宅での業務にタスクチェアを活用する方が増えています。そんな中、イトーキ製チェアの購入を検討している方のお悩みとして、購入する前に実際に座ってみたい、試座できるところが少ないなどの声をいただいておりました。これらの多くの声にお応えして、 6月11日(土)、 7月9日(土)、 8月6日(土)各日36組様限定・完全予約制で展示会を開催します。バーテブラ03やアクトチェア、サリダチェアシリーズ、ゲーミングチェア、一部デスク等、人気機種を豊富に並べ、お試しいただけますので是非お申し込みください。

日程:2022年6月11日(土)・7月9日(土)・8月6日(土)〔各日36組様限定〕
時間:10:00~18:30 ※40分単位 各回4組ずつの予約制となります。
場所:株式会社 イトーキ 日本橋馬喰町オフィス(東京都中央区日本橋馬喰町1-5-12CIRCLES日本橋馬喰町3F)

お申込みはこちら

イトーキチェア展示会 展示商品01 イトーキチェア展示会 展示商品02 イトーキチェア展示会 展示商品03 イトーキチェア展示会 展示商品04 イトーキチェア展示会 展示商品05 イトーキチェア展示会 展示商品06

● ご参加のお客様へのお願い

・参加は1組最大4名までといたします。
・必ずマスクを着用してご来場ください。
・入口にて検温を行います。(37.5度以上の場合は、入場をご遠慮いただきます。)
・入場時に手指の消毒をお願いいたします。
・個人情報を含むアンケートの記載をお願いいたします。

● 会場の感染予防策
● 当日の流れ

・入口にて検温
・検温後、手指の消毒
・スタッフ誘導にて会場へご案内
・会場にて30分間の商品体験
・終了後、スタッフ誘導にてお帰り口までご案内

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる