FX入門〜初心者におすすめ

安全なアービトラージシステムの開発

安全なアービトラージシステムの開発

INFINITEは日利1~3%、その内30%が報酬として入り、70%が会社の利益となるようですね。

Aaveとは何か、そしてそれは良い投資なのか?

Aaveシステムの最も重要で且つ不可欠な側面は、2020年1月8日に公開されたオープンソースの流動性プロトコルです。これは、スマートコントラクトから資本を解放し、DeFiエコシステム内の資本の流れを改善し、コミュニティに意思決定の権限を与えることを目的として作成されました。Aaveプロトコル2.0の主な機能は、Flash Loans(フラッシュローン)、aTokens、Credit delegation(クレジット・デレゲーション)、Fixed-Rate Deposit(定額預金)、Rate Switching(レート切り替え)、Aave Governance(Aaveガバナンス)です。それぞれについて、詳しく確認してみましょう。

aTokens:aTokensは、入金時に生成され、償還時に焼却される利息付トークンです。借り手に直接利息が発生します。Aave 2.0での取引コストを削減するために、aTokenはERC-20トークンによる手数料の支払いをガスの承認なしで可能にするEIP 2612提案を統合しました。

Credit delegation(クレジット・デレゲーション):クレジット・デレゲーションは、預金者がAaveプロトコルを利息獲得のためだけに利用し、借入れをしない場合に備えて、追加資金を得るためのクレジットラインを信頼できる人に委任する機能です。クレジットラインを得た人は、特別な「Credit Delegation Vault(クレジット・デレゲーション・金庫)」から資金を引き出すことができます。資金を保護するため、当事者はOpenLawと呼ばれるアプリケーションを使用して、契約条件の合意に署名します。

レート切り替え:借り手を金利の変動から守るために実装されたモデルで、固定金利と変動金利を切り替えることができます。

取引機能:Aaveでサポートされている仮想通貨を預けると、それが担保として使用されている場合でも取引が可能です。また、ユーザーには証拠金取引が提供されており、レバレッジをかけたロング・ショートのポジションを取ることができ、流動性提供者が預託金の重みを増すことができます。

ガバナンス:AAVEトークン保有者が他のアドレスに投票を委任できるよう、Aave ガバナンスがリリースされました。Aaveガバナンスに参加するため、投票者はコールドウォレットからメッセージに署名することができます。

安全なアービトラージシステムの開発

「アービトラージ」という言葉をご存じですか?

その価格差を利用して、たとえば取引所A で 1000 円で購入したコインを

取引所B で1100 円で売却して 差益を得る というのがアービトラージです。

仮想通貨アービトラージシステム

1 取引所 A でコインを安く買う

2 取引所 A から取引所 B へコインを送る

3 取引所 B でコインを高く売る

ビットコインの送金は早くても 10 分、場合によっては 1 時間以上待たされること

1 取引所 A でコインを安く買う

2 取引所 B でコインを高く売る

3 取引所 A から取引所 B へコインを送る

つまり、 ほぼ負けることがない安全な投資 となります。

そう、 「複利の効果」 を使うのです。

仮想通貨 アービトラージシステム

商号 株式会社ゴゴジャン
金融商品取引業の登録番号 関東財務局長(金商)第1960号
加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 商号 株式会社ゴゴジャン
金融商品取引業の登録番号
関東財務局長(金商)第1960号
加入協会 一般社団法人
日本投資顧問業協会

AMLの肝心の利益についてお話ししていきます。

f:id:btckun:20201019233951j:plain

AMLビジネス出金方法


これもペアリングボーナス、直接スポンサーボーナス
同様に

4 マッチングアップライン

AMLビジネス説明会

AMLビジネス会社

5 ディストリビューターボーナス

AML投資案件の詳しい内容

ローカルディストリビューター
これは、6名のゴールドパッケージの直接紹介を
出せた方が一度貰えるボーナスです。

AMLの投資情報

❖AMLアービトラージに参加する

AML資料一式

毎日のROIクリック

そのため、AMLメンバーは
最近みんな朝5時起きの
早起きブームです。

当然参加者である、私達は
「もっと高利率の枠を増やしてよ!」
「全員同じ高利率にしてよ!」
と感じます。当たり前のことです。

しかし、そのROIの枠が
毎日毎日決まっているのは
どうしてなのか?

それは、AML社が
【前日トレードした利益だから】
という事を教わりました。

最初の参加者は嬉しいですが
実際は、参加者の資金を【食い潰している】だけであり、
自転車操業、つまりポンジースキームです。

AMLクローズ事業説明会

f:id:btckun:20200825185405j:plain

AMLクローズ事業説明会

●万が一トラブル、システムエラーが起きても全て投資家の分散型ウォレットに資金が戻る‼️
●本当にリスクが無いのでは?
●リスクなし、このタイミング、やらない理由がない
●投資家達はこのような案件をずっと待っていた。

AMLの企業情報サイト

AMLに参加するにあたり
〇会社は本当にあるのか?
〇googlemapで出ないけど?

私は中国語は読めませんが
もし、読める方がおられましたら
見て頂くのが良いです。

【世界初】AML社のDAPP+スマートコントラクト+アービトラージ取引

【世界初】AML社のDAPP+スマ-トコントラクト・アービトラージ取引!

画像7

画像8

AML社がDAPPを利用する理由とは?

画像9

DAPPとは、
従来のアプリケーションのように『中央集権型ではなく、完全に分散化された新しいアプリケーション』を意味します。

【改ざんが不可能】でありかつ【高い透明性】が確保される仕様となります。

画像10

画像11

セキュリティの心配が不要(ブロックチェーン上に記録される為)
ノードをハッキングする事はほぼ不可能
参加者が増えることでよりセキュリティレベルが強化される
システムは自動化されている為、中断や停止などのエラーが無い

※世界中で2,300程のDAPPが稼働中

画像12

画像13

画像14

画像15

画像16

画像2

画像3

画像17

【元本保証】という言葉を利用しているようです。

また【DAPP+スマートコントラクト】が実装された世界初の高性能Aiアービトラージ取引システムを享受するためには、投資家(=ユーザー)はDAPPに対応する分散型USDTウォレットが必要となります。

画像4

画像5

AML社の日本担当:マネージャー神田清人氏とは?

画像6

AML社のアービトラージ取引とは?

画像18

画像19

画像20

画像21

実際の取引内容|AML社

画像22

画像23

画像24

・投資家:マイページにて収益を確認
・DAPP:投資金の透明性がある
・AML独自システム:効率の良いアービトラージシステム

画像25

f:id:btckun:20200915224754j:plain

f:id:btckun:20200915224820j:plain

f:id:btckun:20200915224841j:plain

画像26

■創設者兼CEOのJusuf Kalla氏によるAMLのメンバーへの挨拶

下記は既に1000社以上のメディアにプレスリリースで掲載されている記事です。

〇AML社の投資は未だかつてない
安全性と透明性が実現されている

安全なアービトラージシステムの開発

〇DAPPSという非中央集権の技術によって
投資家の資金が誰かに管理される事がない

〇スマートコントラクトという技術によって
運用以外の場所へ資金が移動する事が出来ない

〇人工知能による4点アービトラージ手法によって 安全なアービトラージシステムの開発
非常に高利回りのパフォーマンスが実現されている

〇MLMマーケティングによって紹介活動も出来る

INFINITEの口コミと評判を紹介

評価星1.5つ

1.93 - 悪い (91件のコメント件)

INFINITEの口コミ・評判

皆さん! INFINITEへの投稿

評価星1つ

1

匿名 INFINITEへの投稿

評価星1つ

1

LINEアカウントとか統一しだしていよいよ、逃げ切り体制ですね。
案件あげすぎて迷走してついていけてない人ばかりですよ。 安全なアービトラージシステムの開発 安全なアービトラージシステムの開発
騙される方が悪いんだろうなー

皆さん、しっかりして! INFINITEへの投稿

匿名 INFINITEへの投稿

匿名 INFINITEへの投稿

匿名 INFINITEへの投稿

匿名 INFINITEへの投稿

昨年頃からこの詐欺を監視している者です。 もうソロソロという感じですかね…
さて、どうやって上位者が逃げるのか…
すでに逃げてたりしてwww
こういう詐欺師は、逮捕されない安全な
場所を確保して、更に詐欺してくるから
まさに鬼畜ですね。

匿名 INFINITEへの投稿

もうダメだよ INFINITEへの投稿

評価星1つ

1

匿名 INFINITEへの投稿

INFINITEの口コミと評判を紹介

評価星1.5つ

INFINITE 1.93 - 悪い (91件のコメント件)

INFINITEの総合情報

INFINITEの概要

INFINITEは11月1日に日本で先行スタートした左右に自動配置されるバイナリー制のMLM案件です。

・アップがダウンを付けてくれると思いこんでいる人もいるので、行動しない依存体質の組織になりがち。

・基本的に購入額の少ない側の金額で報酬が決まることが多いが、なかなか左右均等にラインを増やすことが難しい。

INFINITEの特徴

・INFINITEの運用プラン

INFINITEの投資プラン

INFINITEでは6つの運用プランがあり、運用額によって配当も変わる仕組みとなっています。

【IT1プラン】
投資額:100ドル

【IT2プラン】
投資額:1,000ドル

【IT3プラン】
投資額:3,000ドル

【シルバープラン】
投資額:10,000ドル

【ゴールドプラン】
投資額:30,000ドル

【プラチナプラン】
投資額:100,000ドル

元本の70%がステークアカウント として運用され、残りの 30%はリザーブアカウントとして会社利益のために消費 されるということ。

注意して欲しいのが、リザーブアカウントがゼロになると運用が止まるということです。

・日々の配当

INFINITEの日々の配当


INFINITEは日利1~3%、その内30%が報酬として入り、70%が会社の利益となるようですね。

実際の利益は 日利で0.3~0.9%、月利で9~27% ほどということです。

・紹介報酬制度

INFINITEの紹介報酬

MLMを採用しているINFINITEでは知人を紹介すると、紹介報酬を受け取ることができます。

運用プランによってもらえる世代の限度が決まっているようですね。

直紹介5人⇒G10まで(プラチナプランの場合G15まで)

・バイナリー報酬

リザーブアカウントのバイナリー報酬です。

左右バイナリーが揃うと、左右の小さいほうの額に対しての報酬がもらえます。

例えば自分がIT2プランで契約をし、それぞれのリザーブアカウント額が右のダウンが500ドル・左のアカウントが900ドルだった場合、500ドルの7%が支払われるようです。

INFINITEの運営会社

運営会社とされるのが、INFINITE tech global Ltd.のようですね。

INFINITEの対応通貨

現在確認できる通貨はBTCのみとなっています。

アクセスランキング

クリプトマスター

評価星4.5つ

4.61 - すばらしい (510件のコメント件)

☑草コインに特化で爆益を狙う
良い (830件のコメント件)

☑短期急騰アルトコインに特化
普通 (506件のコメント件)

ジュビリーエース

評価星2つ

2.1 - 安全なアービトラージシステムの開発 やや悪い (383件のコメント件)

2022年おすすめアルトコイン

評価星3つ

3.4 - 普通 (5件のコメント件)

FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

D評価商材

  • https://kantou.mof.go.jp/content/000041526.pdf
  • https://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp032000017.html

サブライムストアで販売されている商材

一方、 サブライムストアについては後発でのスタートとなっており、 既存のASPにない、サービスの提供をしております。

現状、インフォトップ様の一人勝ち(?)の業界ですが、 今後、 この業界はインフォトップ様に頼らない形に変化していくと考えて おります。

また、 インフォトップ様の提供している無料登録からの商品販売のシステ ムは、 業界でも有名ですが、非常に使い勝手が悪く、 評判がよくありません。

それに加え、 今回の第四のアービトラージはアフィリエイター様にご協力をして 頂いておらず、 当社独自のマーケティングで販売を行っております。

FX第4アービトラージシステムの検証記事

100% 勝つことができる投資手法

取引する前から利益が確定されている・・・

ドローダウン0%・・・

初年度利回り50%以上保証・・・

一度でも負けたら全額返金・・・

100%勝つことができる投資手法・・・

例外なく全員が、一度たりとも負けることのない安全な資産運用を行うことが可能・・・

奇跡の資産運用・・・

『あらかじめ勝てることが分かっている場面』でしか取引を行いません・・・

聖杯なのか?

一般公開はしておりませんが、 フロント商品購入後、 上位コースの提案をさせていただいております。

そのため、 第四のアービトラージのAコースは29800円で販売しておりま す。

アービトラージって何だう?

裁定取引(さいていとりひき、アービトラージ, Arbitrage)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。サヤ取り(鞘取り)ともいう。

引用:Wikipedia

その1:業者間アービトラージ

その2:先物/現物アービトラージ

その3:通貨間アービトラージ

FX第4アービトラージとは何なのか?

  • 第1のアービトラージ・・・インターバンク&ブローカー間アービトラージ
  • 第2のアービトラージ・・・ブローカー同士のアービトラージ
  • 第3のアービトラージ・・・通貨ペア間のアービトラージ

ポジションを両建てするロジックか?

利食いはさまざまですが、 0.1~0.5pipsの利食いとなります。
非常に小さな鞘を利食います。

「ドローダウンは0%」というのも、うなずけます。 何故なら、ポジションを放置(塩漬け)するので、 損切りが発生しないからです。

そういうことではありません。
当社のDVDをご覧になりましたか?
ポジションは塩漬けにしますが、 両建て状態の塩漬けです。
損失が膨らむことはあり得ません。
両建て状態の塩漬けをなぜするのかは、 1回分のスプレッドを損をしないためです。

また、この「決済の概念を無くす建てたポジションを放置する」、 は、第四のアービトラージでは、行っておりません。
第四のアービトラージはすべての取引を数秒で決済します。
塩漬けポジションは一切ありません。

  • リミットは(ほぼ)1~2pips。
  • ストップは設定しない(もしくは、信じられないほど深い)。
  • そして、戻らないポジションは塩漬けが基本(と思われる)。

1pips抜きであれば、勝率も高いでしょう。 でも万が一レートが逆行して戻らなかったら? もしかしたら、1ヶ月以上、あるいはもっと長期間、 塩漬け状態になるかもしれません。

その間は、膨大な含み損を抱えてしまう可能性もあります。 そしてレートが戻し、1~2pipsのプラスになったところで、決済。 そうすれば、全戦全勝(勝率100%)です。

両建てによってドローダウン0%を実現している?

また、ポジションを塩漬け状態にしている場合は、含み損を常に抱えている状態となります。 この推測が正しいと仮定して、今回の手法を実行するためには、 複数ポジションを塩漬け状態にしても耐えられるだけの 巨額の資金を口座に用意し、 なおかつ、最小(ミニマム)ロットで運用するなどの慎重さが求められます。 さらに、極力含み損を抱えないタイミングでポジションを持つという ロジックの優位性も要求されます。

FX第4アービトラージシステムでは、 この「極力含み損を抱えないタイミングでポジションを持つ」という部分に、 何らかのアービトラージを採用していると考えられます。 あとは、ポジションを持ったら1~2pipsの利益が出るまで決済しない、 というシンプルな手法であると推測しています。

想定されるリスクは?

リスクについては、我々も「0」だとは、発表しておりません。
当社の商品以外の他者様の商品と同じように、 FXである以上、さまざまなリスクは考えられます。

あくまで推測に基づくリスクですが、 1pips抜きの塩漬けポジション手法における最大のリスクは、 突発的な暴騰・暴落です。 暴騰・暴落の直前に保有したポジションが戻らなければ、 口座破綻という悲惨な結末をむかえます。 損切りが設定されていない(もしくは限りなく深い)わけですから、 レートが一方的に逆行すれば 口座が耐えられません。 もちろん、巨額の資金が口座に入っていて 最小ロットで運用していれば、 1ドル=50円位になっても耐えられるかもしれません(一例です)。 かなりの確率で、1pips抜きができるポイントを予測しているのでしょうか? ロジックが非公開のため、 断定することは難しいですが、潜在的にリスクを感じる手法に思えます。

それから、指定されている業者ですが、First Financial Brokerというブローカーです。私は初めて聞くブローカー名です。イギリスのブローカーですので、当然、日本の金融庁の管轄外です。

ポジション保有中の取引停止はできない

このシステムは、損切りをしない仕様と思われますので、 含み損のポジションを保有している場合、 そのポジションがプラスに転じるまで取引停止ができないということになります。 含み損ポジションが発生した場合、いったい、いつ戻すのか? 安全なアービトラージシステムの開発 暴騰・暴落が起これば、 数ヶ月~場合によっては数年、戻さない場合もあり得ます。 自分で損切りできないので、 最悪の場合は、含み損を抱えたまま口座破綻の可能性があります。

FX第4アービトラージシステムのリスクとは?

販売に必要なリスクについては、簡単ではありますが、 記載しております。
https://global-vision.asia/ secret/sublime/

ページ最下部の「投資にかかわるリスクおよび手数料について」
https://global-vision.asia/ secret/sublime/kiyaku.html

同業の多くが、上位の「 投資にかかわるリスクおよび手数料について」のみの説明しか、 行っていないのが現状ですが、我々では、購入後、 トラブルをできるだけ避けるために、 こちらのページを用意しております。
購入される方は必ず、こちらを同意し、 購入していると認識しております。
合わせて、電話サポートにご連絡いただければ、 お電話でも商品の説明を行っております。
情報業界の投資ジャンルの中では、比較的、 リスクや商品説明をしっかりしている方だと思います。
ただ、業界自体を否定される場合、 確かに十分なリスクの説明ができていないかもしれません。

しかしながら、第4アービトラージシステムのリスクについて、 販売ページの、どこにも触れられていません。 仮に損切りをしない手法であれば、 それなりの含み損を抱えるリスクがあります。 損切りしなければ、最悪の場合、口座破綻リスクも想定されます。 しかし、販売ページに書いてあることは、 この手法が対策を講じられる可能性がある、という程度です。 1度でも負ければ全額返金保証と謳っていますが、 負けたときは、このロジックが崩壊したとき、 つまり口座破綻するときと思われます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる