オプショントレーダー

取引手順や利益を得るコツを紹介します

取引手順や利益を得るコツを紹介します

デイトレードとは、株やFX、暗号資産などの投資で使われる取引方法の一つです。デイトレードはその名の通り、1日の間でトレードを完結させ、それを繰り返して利益を生み出す方法のことです。

FXを少額から始められる口座おすすめ5選|危険と言われる理由は?

FXを少額から始められる口座おすすめ5選|危険と言われる理由は?

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

家を売るにはどうすればよい?手順や注意点、ポイントを解説

売買契約書の内容を精査する
買主が決まり、取り交わす売買契約書は、隅々までチェックするようにしましょう。売買契約書には、売却する不動産の価格や引渡しの日程のほかに、買主と相談のうえ決めた内容など細々としたことが記されています。買主と口頭でやりとりした内容が契約書に反映されていないと、双方合意の取り決めが無効になってしまいます。契約前には、細部にわたって売買契約書の内容を精査しておくようにしましょう。

計算する女性

家を売った後の注意点

引渡し前にやっておくべきことを怠らない
売買契約が成立した後、売主は物件の引渡しの前に以下の作業を行う義務があります。

・住宅ローン完済の手続き
・隣家との境界線の確認
・契約時に定められた設備の修復や撤去

引渡し確認書を作成する 取引手順や利益を得るコツを紹介します
買主に渡す資料は、渡したことを証明できるようにしておきましょう。買主に後から「この書類を渡されていない」といわれないようにするためです。

年末調整が必要
家を売った後は、確定申告を行いますが、確定申告の前には年末調整が必要になります。年末調整とはあらかじめ払っている税金の過不足を確認し、正しい金額の税金を納めるよう調整することです。給与で所得を得ていると、年末調整は会社が行ってくれるため、自分でやることはないかもしれません。自分で年末調整をしていないケースがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

悩む夫婦

確定申告が必要 取引手順や利益を得るコツを紹介します
家の売却で利益が出た場合は確定申告が必要になります。また、売却で損益が出た場合は確定申告は義務付けられていませんが、確定申告をすることで特別措置が受けられる場合があります。詳しく見ていきましょう。

●売却で利益が出た場合
家の売却で利益が出る場合は、確定申告をしないと損です。なぜなら、家の売却益3000万円までなら特別控除があり、この特別控除は確定申告をしないと受けることができないからです。また、所有期間が10年にわたる物件を売却した場合にも、軽減税率の特例があります。

●売却で損益が出た場合
家の売却で利益が出なかった場合、確定申告をする義務は免除されます。ただし、利益が出ていない場合でも確定申告をすることでメリットがあるかもしれません。税の控除や還付などの特別措置を受けられる可能性があるためです。特別措置を受けるにはさまざまな要件をクリアしている必要があります。事前に要件を確認しましょう。

家を高く、早く売るコツは?

笑顔の夫婦

相場を知る

信頼できる不動産会社を選ぶ

・売却する物件と似た条件の物件の売却実績があるか
・口コミサイトで「販売能力が高い」と評判か
・担当となるスタッフが親身に話を聞いてくれるか

家の印象をよくする

エアコンを掃除する作業

こんな家を売りたいときはどうする?

相続した家を売りたい

模型のアパートと計算機

残債がある家を売りたい

古い家を売りたい

・「古家付き(ふるやつき)」の土地として売る
・更地にして土地を売る
・家をリフォームして売る
・不動産会社に買い取ってもらう

家の模型と積み木

売却ケース別の対策

離婚による財産分与のため
夫婦が離婚するために家を売る場合は、2人で購入した家や結婚している間に購入した家ならば、売却金は双方で清算するのが一般的です。
ただし、住宅ローンが残っている場合や養育費が必要な場合は、分配方法をほかの財産と併せて話し合う必要があります。

住み替えのため
住み替えのために家を売る場合は、売却先行か購入先行かを選択することになります。売却先行とは、今の住まいを売ってから新しい住まいを購入することです。一方、購入先行は、その逆で新しい住まいを購入してから今の住まいを売ることをいいます。

すぐ現金がほしいため
家を売ってすぐに現金が欲しいという場合は、不動産会社に買い取りをしてもらうことで、家を短期間で現金化することができます。買い取りの場合は、不動産会社が買主になります。この売却方法は、直接、不動産会社と価格を交渉し、双方が合意すればすぐに契約に進むことができるため、現金を早く必要とする人に向いています。ただし、売却額は市場の価格よりも安くなるため、注意が必要です。

家を売る方法完全ガイド!初めてでもわかる売却の手順・注意点・高く売るコツ

誰もがなるべく家を高く、早く売りたいと思うものです。そこで、 家を売るおすすめの時期や家の長所を知る方法、などの「家を高く売るコツ」を5つご紹介します

家を高く、早く売るコツ

  1. 家が2~3月に売れるように準備する
  2. 家のアピールポイントを把握する
  3. 相場を知って適正価格を設定
  4. 掃除やホームステージングで家の印象をアップ
  5. 買取を利用する

6-1.家の売却におすすめの時期は2~3月

不動産売却市場には「繁忙期」があります。 一番の繁忙期は新年度が始まる前の2~3月 です。
家を高く売るなら、 需要が高まる繁忙期に合わせて売却活動ができるように準備 することが大切です。2~3月に合わせて売りたい場合は、10月から年末までに売却準備を始めてください。

家を売るには、最低でも3か月~半年は必要 です。特に、価格にこだわりたい方は、売主探しに時間がかかることもありますので余裕をもって準備します。

売りたい時期 準備を始める時期の目安
2~3月 10~12月まで
6~7月 2~4月まで
9~10月 5~7月まで

6-2.家のアピールポイントを把握する

なかなか売れない家があると思えば、比較的すんなりと売却できる家もあります。家を高く、早く売るために家のアピールポイントを把握することが大切です。
「価格がお手頃」「利便性がよい」「日当たりがよい」ことは、家のアピールポイントになります。 「売れやすい家」とは、結局は、客観的に見て自分でも買いたいと思う要素がある家です 。

ただ、条件がよいほうがもちろん有利でしょうが、購入時に何を重視するかは人によって異なります。 不動産会社のプロの目で客観的に家を見てもらい、利点を見つけてもらう 取引手順や利益を得るコツを紹介します のも一つの方法です。

6-3.相場を知って適正価格を設定

家を高く、早く売るために、物件の相場を知ることも大切 です。物件の価値を正しく知り、家の魅力をアピールすることは売却スピードに関係します。高すぎる価格をつけてもなかなか家は売れません。適正な相場で売りましょう。

6-4.掃除やホームステージングで家の印象アップ

家を高く早く売るには、買主に物件を見てもらう内見は避けて通れません。
やはり 第一印象を良く見せることが大切 です。ホームクリーニング、ホームステージング、リフォームなど、物件に応じた演出方法を確認しておきましょう。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)でデイトレード!メリットやデメリットは?

デイトレードとは?


デイトレードとは、株やFX、暗号資産などの投資で使われる取引方法の一つです。デイトレードはその名の通り、1日の間でトレードを完結させ、それを繰り返して利益を生み出す方法のことです。

デイトレードの取引に求められる要素って一体?

暗号資産のデイトレード


1日のうちに取引が完結するデイトレードを行うには、投資対象が一定の条件を満たしていることが好ましいと考えられています。

1. 一定の出来高がある

2. 1日の値幅が大きい

ビットコイン(Bitcoin/BTC)でデイトレードをするメリット

ビットコイン(BTC)のデイトレード


ビットコイン(BTC)でデイトレードをするメリットとして、取引量が多い点や価格変動が大きい点のほかに、例えば2つ挙げられます。

1. いつでも取引が行える

2. 手数料が安い取引所がある

ビットコイン(Bitcoin/BTC)でデイトレードをするデメリット

ビットコイン(BTC)のデイトレード


ビットコイン(BTC)のデイトレードはメリットも多い反面、デメリットもあります。大きく分けて3つあります。

株の「損出し」とは? 年末のクロス取引でお得に節税!

損出しのメリットをもう少し具体的に説明します。年内に、A株で30万円の利益が確定したとします。このままだと、かかる税金は 6万945円 (30万円×20.315%)です。 一方、B株で20万円の含み損があったとします。この株の損失を、12月に一度確定するのです。すると、年間のトータル利益が10万円(30万円-20万円)となり、支払う税金は 2万315円 (10万円×20.315%)で済みます。これが損出しのメリットです。

損出しする場合 損出ししない場合
A株の利益:30万円
B株の損失:20万円
A株の利益:30万円
B株の損失:20万円
課税対象額:10万円 課税対象額:30万円
かかる税金: 2万315円 かかる税金: 6万945円
差額:6万945円-2万315円= 4万630円

節税効果は 4万630円 です! 損出ししたほうが圧倒的にお得ですね。しかも、B株は損失を確定した後で買い戻しています。手持ちの銘柄に変化はありません。

損出しは「同一営業日」におこなってはいけません

例えば、1,000円で買った株が100株あったとします。これを600円で売って、同じ日に600円で買い戻した場合、取得単価は800円になってしまうのです。 同じ日に、同じ銘柄を複数回売買した場合、 「買い」が先にあったものとみなして、取得単価が平均化されます 。これは特定口座の制度上、仕方ないのです。

取得単価の平均化イメージ

取得単価は、(1,000円+600円)÷2= 800円 取引手順や利益を得るコツを紹介します です。「平均800円で取得した200株のうち、100株を600円で売却した」ということになります。800円-600円=200円、つまり2万円しか損出しできないのです。そして手元には取得単価800円の株が100株残ります。 平均化を避けるため翌日に買い戻そうとしても、同じ価格で買い戻せる保証はありません。もし高騰した場合は、安く売って高く買うことになり、損出しする以上に損をしてしまいます。

この取得単価の平均化は、現物のみで売買をした時におきます。そこで信用取引を利用した『 クロス取引 』を使うと、取得単価は平均化されず、現物売りと信用買い ※ を同じ価格で取引することができます。

損出しのクロス取引テクニックをご紹介

  • ステップ① :損出ししたい銘柄を現物売り
  • ステップ② :ステップ①と同じ日に、同一銘柄を信用買い
  • ステップ③ :翌営業日に信用買いした分を現引き

損出しクロス取引のイ流れ

まず、 取引がはじまる前(8時59分まで) に、損出ししたい銘柄の売り注文を出しておきます(ステップ①)。それと同時に、同銘柄の信用買い注文を出します(ステップ②)。コツはどちらも 成り行き ※ で注文しておくことです。こうすることで、同じ価格で約定することができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる