プロが徹底解説

スタートバイナリー

スタートバイナリー
うえしょ

『バイナリー ドメイン』“最速店頭体験会”がスタート! 名越氏が語る作品の開発状況とは!?

セガの『龍が如く』シリーズを手掛けるクリエイター集団“龍が如くスタジオ”が贈る、プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『バイナリー ドメイン』(2012年2月16日発売予定)。同作の店頭体験会が本日2011年10月10日よりスタートした。これは、東京、大阪、栃木、神奈川、福岡、札幌、名古屋、広島の全国8地区11店舗で開催予定のイベント。イベント初日となる池袋のヤマダ電機LABI 1モバイルドリーム館では、『バイナリー ドメイン』の総合プロデューサーを務める名越稔洋氏が登場。メディア向けのインタビュー取材の場が持たれた。

■名越稔洋氏が語る『バイナリー ドメイン』の現在

名越稔洋 (以下、名越) じつはまだゲーム内容を調整中で、日進月歩、内容が変化しているところなのですが、いち早く触ってみたいというユーザーの声もあり、体験会の実施に至りました。まわりの音を拾ってしまう都合上、作品の特徴のひとつである音声認識を試してもらえないのは残念ですが、今回の体験会を通して、まずは作品の手触りやクオリティーが伝わればいいと思っています。

名越 先日の東京ゲームショウ2011に来られなかったユーザーも多いと思いますし、地方に住むかたはもちろん、日本中のかたに触ってほしいですからね。全国をまわる体験会は『龍が如く』シリーズのプロモーションでも開催していますが、『バイナリー ドメイン』もそれと同じく、なるべくユーザーに触ってもらう機会をたくさん設けて、作品の魅力を丁寧に伝えていこうと思っています。

名越 ユーザーとじかに会って話す機会というのは、ありそうで意外と少ないですからね。東京ゲームショウにも同じことが言えますけど、試遊台でユーザーが遊んでいる様子や表情を見ることは、ゲーム作りの参考になります。とくに今回の体験会は、まだソフトを作っている途中ですから、最終的にゲーム内容を調整するうえでの大事な情報源になると考えていますよ。

名越 要素で考えると、すでにほぼ100%近く出来ているんですよね。ただし、ゲーム作りは最終的なバランス調整がとても大事なので、これはもう最後の最後、ギリギリまで作業が続きますね。

名越 手応えはとてもいいと思います。ただし、作品全体の難易度調整は慎重にやりたいと思っています。試遊を見ていると、思ったよりユーザーが上手にプレイするんですよね。いまはTPS(三人称視点のシューティングゲーム)をオーソドックスに遊んでいる人向けの作りにはなっているのですけど、最後の難易度調整をどのあたりに落ち着けのか、一生懸命考えているところです。完全にTPSに慣れ親しんでいる人向けに調整してしまうと、ちょっと難しくなり過ぎるかなあ、という想いもあって……。

名越 日本のユーザーはドラマ性やその作品ならではの独自のユニークさを求める傾向が強いのですが、そこに関しては確実に興味を持って遊んでいただける内容になっていると思います。作品の根っこがTPSということで、「自分の手に負えるのかな?」と躊躇しているユーザーも少なからずいると思いますが、そこをきちんとクリアーまでガイドすることは作り手の仕事。より深く楽しんでいただけるように工夫していますので、期待していてください。また、ドラマ部分を作っているのが『龍が如く』と同じスタッフである以上、熱いドラマを期待するユーザーにとっても必ず楽しめる内容だと思っています。『龍が如く』とはゲームシステムは異なりますが、そんなにわかりにくいもの、遊びにくいものは作らないのでご安心ください。

名越 『バイナリー ドメイン』という作品の特徴は、NPCとコミュニケーションを取りながらドラマを進める面と、激しいアクションの面が同居する部分にあります。我々としては、ぜひとも音声認識を使ってゲームを楽しんで欲しいんですよね。予約特典のヘッドセットを何名分用意するのかについては社内でもいろいろな議論がありましたが、作り手の姿勢として「音声認識を遊んでもらってこそ100%、作品の魅力が伝わる」という強い思いがあって、10万名という人数設定となりました。ひとりでも多くのユーザーに音声認識を試してもらえればと思います。

名越 いまは開発の大詰めで、作品のクオリティーをより高めることに注力しているところです。ある意味では、『龍が如く』シリーズ以上にたくさんの新しい要素にチャレンジしていますが、スタッフがよくがんばってくれたおかげで、とてもいい作品に仕上がりつつあります。言葉で説明するよりも、実際に触ってもらうとわかることが多いと思いますので、ぜひとも体験会に足を運んでほしいです。

■体験会では『バイナリー ドメイン』の予約も受付中!

『バイナリー ドメイン』は、東京ゲームショウ2011において“日本ゲーム大賞 フューチャー賞”を受賞した注目作。今回行われる体験会では、東京ゲームショウに出展された内容と同じものが試遊でき、体験したユーザーは“バイナリー ドメイン オリジナルボールペン”がもらえる。なお、体験会が開催される店舗では前述の予約特典(オリジナルヘッドセット)付きのソフトが予約できるので、ぜひとも会場に足を運んでみよう。

主要ブラウザで実行可能なバイナリ形式「WebAssembly」の開発がスタート。Chrome、WebKit、Firefox、Microsoft Edge、LLVM、Unityらがサポートを相次いで表明

We plan スタートバイナリー to switch Unity WebGL to output スタートバイナリー WebAssembly bytecode once the feature スタートバイナリー becomes available in browser releases.

Unity WebGLも、ブラウザで利用可能になったらアウトプットをWebAssemblyバイトコードに切り替える計画だ。

なぜWebAssemblyは作られるのか?

WebAssemblyの登場は、JavaScriptの終わりの始まりなのでしょうか? そうではない、とWebAssemblyプロジェクトは説明しています。FAQには、「Is WebAssembly スタートバイナリー trying to スタートバイナリー replace JavaScript?」の項目があります。その答えの一部を下記に引用しましょう。

No! WebAssembly is designed to be a complement to, not replacement of, JavaScript (JS). While スタートバイナリー WebAssembly will, over time, allow many languages to be compiled to the Web, JS has an incredible amount of momentum and will remain the single, privileged (as described above) dynamic language of the Web.

いいえ、WebAssemblyはJavaScriptを置き換えるのではなく、補完するように設計されています。長期的にはWebAssemblyは多くの言語をコンパイルしてWebで実行できるようになるでしょう。それでもJavaScriptは信じられない勢いで普及し、単一で、Webにおけるダイナミック言語の確固たる地位にありつづけるでしょう。

まずはasm.jsと同等程度の機能から

WebAssemblyでは、まずはプロジェクトの有効性を検証するためのMVP(Minimal Viable Product)として、C/C++言語をコンパイルでき、現在Webブラウザでアセンブラ的な機能を備えているasm.jsとほぼ同様の機能を備えたプロトタイプが公開されています。

【バイナリーオプション企画集】稼げるテクニックをあなたに^^

2つの攻略法トレード企画


当ブログではトレンド方向へエントリーを狙う『3カウント戦略』と、突発的な値動きの勢いを利用して逆張りを仕掛ける『BB攻略法』の2種類の手法をご提案しています😊
(※2019/09/02現在ではBB攻略法は販売しておりません。)

トレンドフォローの順張りと逆張りの2種類があればエントリーチャンスも比較的多く出現し、短い期間でもまとまった利益を出せるのではないか?
それを検証するのがこの企画💡
違った2つの手法によって目標金額である50万円の利益獲得を目指します!✨

2つの攻略法企画・リベンジ編


今回の企画は相場の見極め方に特化した解説を多く盛り込み、『自分の力で相場を判断し、利益を獲得する力』を読者さんにも身に付けてもらおうと思ってはじめました😊
企画名通り、もちろん前回企画のリベンジでもある訳ですが…(笑)

”勝率に囚われた”難民トレーダーさんへの提案! バイナリーオプションは勝率40%で十分過ぎるほど利益出るって話

だけど、 利益を出すという一点において勝率はそこまで重要ではない ってことをバイナリーオプションの仕組みから納得してトレード出来ている方は過去1万人見てきた中で1人もいませんでした。

もし、これからトレードをするにあたって 「高い勝率を出さなきゃ・・・」 とか

すでにトレードをやっている人で 「なんとしても勝率を高めなければ・・・」 ってことで頭を悩ませているのだとしたら、 “そっち” は非常に険しい道だという覚悟が必要です。

私が毎月60万円〜100万円の利益を継続的に出せているのは、 「口座資金が手元に残るようにしている」 から。

今の勝率至上主義のトレードスタイルに囚われず、利益をとにかく出すということにこだわった “利益至上主義のトレードスタイル”を見てみませんか?

今なら7年間のノウハウがたった7日間で、しかも無料で学べるプログラムを実施しています。

5万円を稼ぐ!バイナリーオプションで稼げるのか挑戦してみた

うえしょ

5万円を稼ぐ準備

うえしょ

準備が完了したら2万円だけ入金して、口座に残ってた小銭と併せて 20,315円 でスタートです!

うえしょ

トレードは熱くならないがポイント

うえしょ

チャートは生き物」と呼ばれるくらい、1年でチャートの形や傾向はかなり変わってしまいます。

取引額と取引回数

基本的には1回5,スタートバイナリー 000円でエントリーしますが、もう少し確度が高いところは10,000円にしています。

うえしょ

バイナリーオプションは、基本的に取引したポイントで勝ったら 1.85倍 、負けたら0倍になる仕組みです。

ハイローオーストラリア

トレードの結果

結果として、最終的に 70,735円 まで増やせました。

ハイローオーストラリア 結果

ハイローオーストラリア 結果

新規口座登録2-業界をリードするバイナリーオプション(HighLow) 新規口座登録のページです。バイナリーオプション取引ならハイロー。 最も人気のある通貨ペアや暗号通貨が取引可能。 業界最大230%のペイアウト。

スタートバイナリー

menu
menu

menu
menu

イントロダクション ストーリー キャスト&スタッフ 登場人物 動画 音楽 放送日&配信情報 ブルーレイ 商品情報 スペシャル 新着情報 劇場情報 ホーム twitter twitter

銀河英雄伝説

OPテーマ:SawanoHiroyuki[nZk]「Binary Star」
澤野弘之

1980年生まれ / 東京都出身
ドラマ・アニメ・映画など映像の音楽活動を中心とし、
その他にもアーティストへの楽曲提供・編曲など精力的に活動している。
2006年、CX系ドラマ【医龍 Team Medical Dragon】のサウンドトラックが話題となり、
特にテーマ曲のヴォーカルバージョンである【Aesthetic】に人気が集中した。
2014年春よりアーティスト活動でもあるボーカルプロジェクト
“SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)”をスタート。

オープングテーマ曲としてバラードを制作したのは[nZk]として初になります。 スタートバイナリー
「銀河英雄伝説 Die Neue These邂逅」の世界観と共に楽しんで頂けたら幸いです!

Uru

≪ Uru プロフィール ≫

聞く人を包み込むような歌声と、神秘的な存在感で注目を集めるシンガー。
2013年よりYouTube チャンネルを立ち上げ、様々なジャンルの楽曲をカバーする事をスタートし、
メジャーデビューまでに100本に及ぶ動画をアップし続けてきた結果、総再生回数は4400万回以上、
チャンネル登録者は14万人越えとなり、幅広い世代から支持を得る存在となる。
2016年「星の中の君」で、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズよりデビュー。
2017年12月20日待望のファーストアルバム「モノクローム」をリリースした。

お話を頂いた時に「Binary Star」を聴かせて頂き、
どこまでも広がって行くような空間的な大きさを耳で感じました。

SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)
6th single「Binary Star/Cage」 2018年4月25日(水)発売

Binary Star/Cage

◆期間生産限定盤A(CD+DVD)
価格:1,500円(税別) 品番:VVCL-1203

◆期間生産限定盤B(CD+DVD)
価格:1,スタートバイナリー 500円(税別) 品番:VVCL-1205

◆通常盤
価格:1,スタートバイナリー 250円(税別) 品番:VVCL-1207

収録内容
M1「Binary Star」by SawanoHiroyuki[nZk]:Uru
※TVアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」オープニングテーマ
M2「Cage」by SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle
M3「Roller Coaster」by SawanoHiroyuki[nZk]:Gemie
M4「Amazing Trees –extended ver.-」by SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle
M5「Binary Star(Instrumental)」
M6「Cage(Instrumental)」 他

EDテーマ:ELISA「WISH」
ELISA

4月14日生まれ。
2007年「ef - a tale of memories.」オープニングテーマ「euphoric field」でデビュー。
オペラや声楽に根差した抜群の歌唱力と、透明感の溢れる歌声を活かし、
その後も数々の作品を発表、TVアニメ「ハヤテのごとく!!」
「とある科学の超電磁砲<レールガン>」「革命機ヴァルヴレイヴ」「魔法科高校の劣等生」、
アニメーション映画「楽園追放 -Expelled from Paradise-」など
多くのヒット作品のテーマソングを担当する。
中国、東南アジア、アメリカなどの有名海外アニメコンベンションにも出演多数。
最新アルバムは2016年発表の「GENETICA」。2017年にはデビュー10周年を迎えた。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる