の収益源

取引所取引の定義

取引所取引の定義
似ている商品として投資信託に「インデックスファンド」がありますが、 ETFは、そのインデックスファンドが金融商品取引所に上場しているようなイメージの金融商品です。 ETFもインデックスファンドも運用の目的は同じで、指数の動きに連動する運用成果をめざす、指数連動型の投資信託です。対象指数と同じ銘柄・比率で株式や債券を保有する方法や、定量的な分析によってその株式や債券の保有比率を工夫する方法、また、派生商品を使う方法で、指数の動きに連動する運用成果が可能になります。インデックスファンドは、1日1回算出される基準価額で、1日1回しか取引きできませんが、ETFはそのインデックスファンドを投資家の判断で、金融商品取引所の取引時間内に、株式と同様に相場の動きを見ながら売り買いができるとイメージするとわかりやすいと思います。

「取引所」の定義を広げる──SECの提案に懸念の声

米証券取引委員会(SEC)は、「コミュニケーション・プロトコル・システム(CPS)」のSECへの登録と、記録、取引監視、報告を義務づける提案を発表した。 ここでのCPSとは、証券の買い手や売り手が「やり取り」する手段を提供するシステム、あるいはプラットフォームと定義されている。 この広範かつ新しいアプローチによって、暗号資産(仮想通貨)、その中でも特に分散型金融(DeFi)がSECの規制対象になってしまうのではないかという懸念が、暗号資産業界を吹き荒れている。 そうなれば、アメリカを拠点に暗号資産プロジェクトを運営するリスクを劇的に増加させるような執行行為が、絶え間なく押し寄せてくる可能性がある。

多くの懸念

アメリカの暗号資産市場に参加するすべての人が、声を上げることが不可欠だ。SECは4月18日まで、この提案に対するコメントを募集しており、すべての懸念を検討し、それに対処するまでは、最終的なルールをまとめることはできない。懸念は山積しているのだ。 出発点となる2つの大きな問題がある。 第一に、どのトークンが証券なのか?この長年の疑問に、SECの提案は明確な答えを与えてはいない。次に、SECはそもそも、この提案の範囲に暗号資産も含めようと意図していたのか?654ページに及ぶ提案のどこにも、暗号資産、DeFi、ブロックチェーンプロトコルは言及されておらず、疑問の余地が残るのだ。 SECは単純に、暗号資産は関係ないと明言することで、これらの問題を解決できる。そうしてくれることを、願わずにはいられない。

ゲンスラー委員長の指揮のもと、SECは暗号資産への監視強化を行う意思を示してきた。鍵となるのは、その方法だ。法律、規制、執行といったアプローチが、暗号資産をSECの管轄内に引き込むためのオプションとなっている。今回の提案が、そのような規制設定のためのSECの最初の取り組みだとすれば、暗号資産業界の方としても、多くの言い分が生まれてくるはずだ。 暗号資産業界側の懸念の最たるものは、このルールがSECの権威を超えるものではないか、という点だ。SECは取引所を規制するが、取引所とは従来、買い手と売り手が実際に売買を行うプラットフォームのことを意味し、付随的なサービスやプラットフォームは含まれなかった。 今回のルールは、その範囲を売り手と買い手が売買について単に話し合うだけのプラットフォームへと広げるものだ。これは大きな変化であり、SECはそのような変更を行う許可を、議会から得てはいない。 さらに今回の提案は、非現実的だ。CPSを「可能にするもの」に登録を義務づけるのだが、「可能にするもの」の意味するところは、謎である。

「取引所」の定義を広げる──SECの提案に懸念の声

米証券取引委員会(SEC)は、「コミュニケーション・プロトコル・システム(CPS)」のSECへの登録と、記録、取引監視、報告を義務づける提案を発表した。 ここでのCPSとは、証券の買い手や売り手が「やり取り」する手段を提供するシステム、あるいはプラットフォームと定義されている。 この広範かつ新しいアプローチによって、暗号資産(仮想通貨)、その中でも特に分散型金融(DeFi)がSECの規制対象になってしまうのではないかという懸念が、暗号資産業界を吹き荒れている。 そうなれば、アメリカを拠点に暗号資産プロジェクトを運営するリスクを劇的に増加させるような執行行為が、絶え間なく押し寄せてくる可能性がある。

多くの懸念

アメリカの暗号資産市場に参加するすべての人が、声を上げることが不可欠だ。SECは4月18日まで、この提案に対するコメントを募集しており、すべての懸念を検討し、それに対処するまでは、最終的なルールをまとめることはできない。懸念は山積しているのだ。 出発点となる2つの大きな問題がある。 第一に、どのトークンが証券なのか?この長年の疑問に、SECの提案は明確な答えを与えてはいない。次に、SECはそもそも、この提案の範囲に暗号資産も含めようと意図していたのか?654ページに及ぶ提案のどこにも、暗号資産、DeFi、ブロックチェーンプロトコルは言及されておらず、疑問の余地が残るのだ。 SECは単純に、暗号資産は関係ないと明言することで、これらの問題を解決できる。そうしてくれることを、願わずにはいられない。

ゲンスラー委員長の指揮のもと、SECは暗号資産への監視強化を行う意思を示してきた。鍵となるのは、その方法だ。法律、規制、執行といったアプローチが、暗号資産をSECの管轄内に引き込むためのオプションとなっている。今回の提案が、そのような規制設定のためのSECの最初の取り組みだとすれば、暗号資産業界の方としても、多くの言い分が生まれてくるはずだ。 暗号資産業界側の懸念の最たるものは、このルールがSECの権威を超えるものではないか、という点だ。SECは取引所を規制するが、取引所とは従来、買い手と売り手が実際に売買を行うプラットフォームのことを意味し、付随的なサービスやプラットフォームは含まれなかった。 今回のルールは、その範囲を売り手と買い手が売買について単に話し合うだけのプラットフォームへと広げるものだ。これは大きな変化であり、SECはそのような変更を行う許可を、議会から得てはいない。 さらに今回の提案は、非現実的だ。CPSを「可能にするもの」に登録を義務づけるのだが、「可能にするもの」の意味するところは、謎である。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる